Key-Quest

Key-Quest

ポケットにしのばせる6in1KeyTool

Key-Quest(キークエスト)はキーホルダーにスマートに携行できる 6 in 1 の鍵型便利ツールです。

  • 段ボールを開梱したいのに、カッターが手元に無い!
  • 洋服についているタグピンを切りたいのに、ハサミが手元に無い!
  • ネジを回したいのに、マイナスドライバーが手元に無い!

日常の様々なシーンでカッター・ハサミ・ドライバー等の様々な道具は非常に役立ちます。しかし必要な時に限って身の回りになく、イライラしながら探し回った経験はありませんか?「Key-Quest」があればもう大丈夫。「Key-Quset」が日常のイライラからあなたを開放します。


購入する

  1. カートンオープナー
  2. 糸切り
  3. プルタブおこし
  4. 栓抜き
  5. マイナスドライバー
  6. ナット回し

カートンオープナー

段ボールを開梱するとき、ビニールテープがうまく切れずに「イラッ」とした経験はありませんか?

「Key-Quest」ならポケットからサッと取り出してパッと使えます。

糸切り

ありとあらゆる糸を「切れ味鋭い」先端の糸切りで簡単に切ることができます。

衣類のほつれ、スーツの型崩れ防止のために留めてあるバッテンのあの糸もスパッと切れます。

「刃」は本体内側の奥まった所に設計しましたので、指を切ることがなく安全です。

釣り人御用達、ハサミでもなかなか切りにくい「PEライン」もスパッと切れる!

知り合いの釣り師に「Key-Quest」を実際の釣行で使ってもらった結果、3号のPEラインまでは問題なく切れたと喜んでいただけました。

せっかくの釣りに来たのに、ハサミを忘れた!という時に「Key-Quest」が大活躍。

「Key-Quset」ならキーホルダーに自宅用の鍵や車の鍵 と一緒に普段から持ち歩くため、「外出時に忘れる」ということは絶対にありません。

宇宙服・防弾チョッキ・消防士の耐火服にも使われる、世界最強の繊維「ザイロン」もスパッと切れる!

通常の生活で「ザイロン」を切る場面に遭遇することはまずありませんが、「Key-Quest」の切れ味がいかに鋭いかがお分かりいただけるかと思います。

靴下を買った時に束ねてあるT字のナイロンピン(タグピン)。

靴下に食い込んでいて、ハサミで切ろうとすると生地を切ってしまいそうに。。。

そんな「イラッ」とした経験はありませんか?

「Key-Quest」なら先端の糸切り部を靴下に押し当て、タグピンに「グッ」と押し込むだけで、簡単に切断することができます!

「Key-Quset」本体にはシャープエッジを丸めるバレル処理が施してあるため、買ったばかりの靴下に直接「Key-Quest」を当てても繊維を痛める心配はありません。

プルタブおこし

ネイル大好きのオシャレ女子も「Key-Quest」を使えば安心してプルタブを起こすことができます。

また、リモコンの裏ぶたを外したい時など、爪を引っ掛けないと起こせないようなケースにも大活躍!

岩ガキの殻剥きだってできちゃうかも!?

栓抜き

夏だ! バーベキューだ! ビールだ! コーラだ!

「しまった!栓抜き忘れた!」

そんな時も「Key-Quest」があれば大丈夫!

周囲から尊敬と羨望の眼差しで見られること、間違いナシです!

マイナスドライバー

「お父さん! おもちゃの電池替えて!」

電池の誤飲事故防止のため、ほとんどの子供用おもちゃの電池のフタはネジで留めてあります。

子供さんに電池の交換を頼まれた時でも「Key-Quest」があれば大丈夫。

いちいち精密ドライバーを探して家中を走り回らなくても、ポケットからスマートに取り出してラクラク電池交換。

「パパ、カッコイイ!!」

お父さんを尊敬する眼差しが目に浮かびます。

ナット回し

機械の修理や趣味のラジコンに大活躍。

M2・M3・M4のナットに対応します。

開発の経緯

弊社は昭和45年の創業以来、岐阜県関市が日本に誇る伝統のものづくり「関の刃物」でプレス加工技術を磨いてきました。創業47年間で培ってきたプレス加工・金型製作の技術を生かして開発した、「ポケットにしのばせる男の道具(ギア)、Key-Quest(キークエスト)」

開発のきっかけは日常業務の中から生まれました。日々、段ボールで納入されるプレス部品や金型部品。従来はこれらの段ボールを開梱するために、カッターやハサミを使っていましたが、数年前に普通の鍵でもビニールテープが切れることを発見。それからは会社用のカギ を使って段ボールを開梱していました。2015年秋、「カギの形で手軽に使えるマルチユーティリティーツールがあれば便利なのでは?」と思い付き、今までにないカタチの「刃物」開発をスタートさせました。

金型設計に用いるCADを活用し、事務所用・自宅用のカギの形状をベースにさまざまな機能を模索。また、切削加工から熱処理、そしてパッケージに至るまで、すべての製造工程を「刃物の町 関」の熟練加工業者が担当。企画から製造工程の追求まで試行錯誤を繰り返した結果、1本のカギに<6つの機能>を集約させた「Key-Quest」が完成しました。

Q&A

Q.サイズ・重量を教えてください
サイズ:23mm×62mm×2.5mm
重量:10.2g

Q.ポケットに入れた際、引っかかったり、生地を傷めたりしませんか?
バレル処理が施してあるため、鋭利な角部は全て丸くなっており、引っかかったり、生地を傷めることはありません。

Q.材質は何ですか?
関の刃物でよく使われる熱処理のできるステンレス鋼を使用しております。ステンレスは鉄に比べるとはるかに錆びにくい素材ですが、濡れたまま放置したり、海水につけたりされますと、錆が発生する場合もございますので、水分をふき取って保管してください。通常キーホルダーにつけて使用する限りは錆びはほとんど発生しません。

Q.ナット回しで、M5・M6ナットに使用したいのですが?
M5・M6用も試作モデルを製作しましたが、穴の大きさが大きく、栓抜き部とトレードオフの関係になってしまうため、M5・M6のナット回しの導入は見送り、M2・M3・M4ナット用で製作いたしました。

PAGE TOP